写真で綴る思い出

神戸やその近郊の観光地の情報を写真を使って紹介しています。

コマクサを見に六甲高山植物園へ行ってきました。

      2015/08/13

昨日、よく晴れてすごい暑かったので、涼を求めて六甲高山植物園へ行ってきました。お目当てはコマクサです。六甲高山植物園では人気の花でよくパンフレットやチラシに載っています。

コマクサってどんな花

まずは下の写真をみて下さい。

コマクサ全体

お分かりいただけるでしょうか・・・
とても小さい。
植物園は割りと広い斜面になっているので、園内マップを見ながら探してたのですが、なかなか見つかりませんでした。

んでアップで撮った写真はこんな感じ

コマクサ

可憐な花です。コマクサは通常、群落を形成しているのです。しかし、人がたくさん群がっていて、順番待ちをしていたのですが、シビレを切らしてちょっと横で咲いてるのを写真にしました。実際、登山中に出くわしたら感動的だろうなと思います。

他にも見頃の花がありまして、いくつか紹介します。

この時期に見頃の花

ヒマヤラの青いケシ

学名は、メコノプシス・ベトニキフォリア。長い名前です。覚えれません。この花は、高さ1.6m位になるので簡単に見つけることができました。

ヒマラヤの青いケシ

クリンソウ

山間の湿地に群生する花だそうです。兵庫県では数が少なくなっており県の絶滅危惧種に指定されてます。

クリンソウ全体

 

クリンソウ

 

ニッコウキスゲ

ちょうど今から夏に向けて見頃を迎えるそうです。植物園の斜面を下りきった所の池にたくさん咲いていました。

ニッコウキスゲ全体

 

ニッコウキスゲ単体

 

売店で買った図鑑

何気なく売店に寄ったら、六甲高山植物園に生息している植物の図鑑がありました。価格1080円(税込み)。綺麗な写真でいっぱいです。季節ごとに見頃を迎える植物が掲載されています。簡単な説明書きもあります。

六甲高山植物園ガイドブック

 

感想

六甲高山植物園は山の斜面に位置しているので、歩きまわっているとかなりしんどいです。

ロックガーデン

 

六甲高山植物園園内の様子

 

こまめに休憩を入れないと、カメラの手振れ補正が効かなくなるくらい身体が震えます←日頃の運動不足を痛感。あと1枚、ご紹介したかった花「エーデルワイス」があるのですが、ブレまくっているので写真はまた今度です。

できれば登山中に野生の高山植物を見たくなりました。そのためには、もっと体力をつけないとダメです((≧ω≦ )

六甲高山植物園はオルゴールの館に隣接しているので、今度は、オルゴールを見に行くついでに、もう一度、コマクサをカメラに収めたいです。

 

どこにあるの

公共機関を使うのであれば、六甲ケーブルで上がって、六甲山上バスで10分くらいで到着です。
六甲ケーブル往復チケット:1,000円
山上バス:210円(片道)

兵庫県神戸市 灘区六甲山町北六甲4512−150

 - 六甲山 ,