写真で綴る思い出

神戸やその近郊の観光地の情報を写真を使って紹介しています。

神戸の敏馬神社へお参りしてきました。

   

敏馬とは「みぬめ」と読みます。世間では「みるめ」と読んでらっしゃる方が多いのですが、正しくは「みぬめ」です。日本に漢字が伝わったとき、漢字の音を当てはめて記したと考えられています。
国道2号線沿いに鎮座されているのですが、車で通り過ぎるだけで、中がどうなってるのか、今回のお参りで初めて知りました。

いつ頃創建されたのか

西暦201年に創建されたと考えられており、生田神社、長田神社、敏馬神社と並んで格式の高い神社です。

鎮守の森の片鱗

敏馬神社

 

本殿

敏馬神社

 

敏馬神社

 

柿本人麻呂万葉歌碑

敏馬神社

 

御朱印

 

敏馬神社

 

まとめ

俗っぽい事を言えば、縁切りの神社と地元ではよばれており、参拝する際にはお気をつけて(笑)

去年の2月から御朱印集めをしているのですが、今回の参拝で御朱印帳1冊終わらせることが出来ました。とても感慨深いです。次はどこの御朱印帳しようかな。。。

 

どこにあるの

神戸市灘区岩屋町4-1-8

阪神電車「岩屋」から南へ徒歩10分
JR「灘」から南へ徒歩15分

 

 - 写真 ,